« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月29日 (金)

アウトビアンキA112 クイックアバルトターボ (フジミ1/24改造) 最終回

モデル自体は「オートモデラーの集い IN 四国」の前日に完成し、この場でお披露目となりましたが、製作記の方もきちんとけりをつけておきたいと思います。
005_1

001_1

004_1
まず、研ぎ出しや細部塗装が終了した状態のボディです。これに細かい外装パーツを取り付けて行きます。
109
アンテナは、通常のルーフ上ではなく、左Aピラーに付きますが、洋白線にアルミパイプで基部を製作しています。サイドウインカーは、モールドを削り落とし、裏側にタバコの銀紙を貼った透明プラ板で自作したものを付けました。
011_1
ワイパーも、通常と角度が異なるのですが、キットのアーム部分のみ使用し、ブレードは0.3ミリと0.5ミリのプラ角棒で製作しました。
104
鍵穴は、0.8ミリ径のアルミパイプで再現しています。なお、キットには、ドアノブに鍵穴らしきモールドがありますが、前後(というか左右)が逆になっていますので、これからこのキットを製作される方はご注意ください。正しくは車の前方側です。
009
独特のスポイラーと、例の4本出しマフラー(デュアルEXシステム)が顔を覗かせるリアスタイルです。ナンバープレート(前後とも)には、キットのデカールは使わず、クイックトレーディングさんのツイッターのロゴを印刷したものを使用しました。
008
展示ベース・ケースは、WAVET・ケース(M)です。今回のネームプレートも、A-oneの「手作りステッカー・下地が透けないタイプ」に印刷したもので、クイックトレーディングさんのロゴをイメージしてイタリアの国旗をあしらったデザインにしました。
090

084
最初の回でも触れた通り、この車は東京・板橋区にあるチューニング・ショップ、クイックトレーディングさんが1984年に発表したコンプリートカーです。纏っているエアロパーツは、今の目で見ても十分カッコいいと思いますが、本当に凄いのは心臓部です。
089
通常のA112アバルトが70PS(ノーマルは48PS)のところ、ターボ・チューンによって100PSを叩き出したというのです。私ごときでは、この車の本当の走りっぷりが想像できないというのが正直なところです。
081

当時、それまでは実車においてホットハッチ車にさほど関心があったわけではなかったのですが、この車を知って俄然、興味が湧いたのを覚えています。後年、免許を取った時の最初のマイカーの候補に、シャレード・デ・トマソ・ターボなんかを上げていたのがその証かもしれません。



2019年3月28日 (木)

オートモデラーの集い IN 四国 その3

ひと頃、私もアメ車(特にモパー系)に夢中になったことがあり、もちろん今でも大好きです。それにしても、プロの方々はやはり上手いという見本のような作品で、手を加えている所が一見では分からないほどクリーンなフィニッシュは見事としか言えません。
061

053

037

アメ車とはある意味で真逆の国産軽自動車、スズキアルト(写真上)とダイハツミラ(同下)です。もう少し古い70年代の軽(フェローMAX等)がキット化されたら嬉しいのに、なんて思います。まあ、無理でしょうが。
032

066

国産旧車はオリジナルも良いですが、こちらは改造車の魅力たっぷりの作品です。マットブラックのRX-3の凄味は半端ないですね。
031

070

063

N.O.S./古自動車模型再生工房さんの旧車レストア完成品が好きなことは、このブログでも何度となく述べている通りです。
039
今回はRydellさんお一人の参加で、最近はこんなものを作っているとおっしゃっていたのがこれ、キャプテンスカーレットの強力装甲車です。実は、私もキャラクターものが大好きなので、完成が楽しみです。
040
最後は、終了間際に突然登場して回りを驚かせたラジコンのスターレットです。大きさもさることながら、何とRydellさんの愛車仕様ということで、重ねてビックリさせられました。モデルの傍らの実車写真(ナンバーは当方で消しています)でお分かりいただけるでしょうか。
072b

以上で紹介は終わりますが、このような機会を設けていただいたイベント主催者のみなさまに、あらためて感謝申し上げます。

 

2019年3月26日 (火)

オートモデラーの集い IN 四国 その2

今回のテーマが「クルマとフィギュア」ということで、傍らに同スケールのフィギュアを配した作品が多く見受けられました。
051

018

052
フィギュアのほとんどが、当然かもしれませんが、オネーチャンばかりだった中で、この作品には圧倒されました。
055
現地の多くの観衆が見守る中、砂煙を上げて疾走するランエボラリーの情景です。映像などでもよく見る光景を見事に再現されていました。
054

こちらは、塗装が美しいNASCARの2台。ケロッグカラーのシボレーモンテカルロは私も好きな1台です。
050

058

もちろん日本車のレース仕様も健在です。誰もがご存知、ワークスのGT-Rです。
034

まだまだ続きます。

2019年3月25日 (月)

オートモデラーの集い IN 四国 その1

3月24日に開催された「オートモデラーの集いIN 四国」に参加させていただきました。今回持ち込んだ作品は、名古屋オー集の時のミニ・レコルトモンツァほか、「ぜっしゃか!」表紙、スバル360デメキンの情景に加え、イッコーのランボルギーニイオタと、最新作のアウトビアンキA112 クイックアバルトターボです。
016
アウトビアンキA112 クイックアバルトターボは、この日の前日に完成したもので、本ブログの製作記が完結する前にお披露目となってしまいました。
057

さて、今回も私の独断でお気に入りを紹介させていただきます。
これはエッシー1/24VWゴルフラリーで、キットはエンジン付でフロントフードがオープンする仕様ですが・・・・
049
何とフルオープンです。しかもただ開くというのではなく、実車さながらの開閉機構が盛り込まれています。こういうのを超絶技巧と言うのでしょうね。
021

023
エンジン自体にも相当手が入っています。とにかく今回、一番気になった作品でした。
022

みなさんよくご存じのTさんのアバルトトランスポーターですが、今回はキャブが加わっていました(といってもダミーだそうです)。資料集めの大変さなど、色々お話しが伺えました。完成が本当に楽しみです。
027

模型転倒虫さんの黄色いスーパーカー3台揃い踏みです。難しい色ですが、どれもとてもきれいで、いつか私も挑戦したいと思いました。
020
このフェラーリ365GT4/BBが最新作だそうで、随所に拘りが感じられる作品です。
047
今日はここまで、次回に続きます。

2019年3月21日 (木)

アウトビアンキA112 クイックアバルトターボ (フジミ1/24改造) その9・シャーシの完成

何と気付けば、前回の更新から1か月も経っていました。これほど間が空いたのは初めてです。もっとも製作の方はそれなりに進んでいて、室内や足回りは完成し、ボディの研ぎ出しも完了しています。では、まずは室内から。
105

106
前回紹介した加工を除き、基本的にキットのままですが、前後ともシートベルトのバックル部分を再現してみました。シートベルト本体はオミットしています。写真は、フロントシート取り付け前の状態です。CR-Xの時もそうですが、これだけで室内の密度感が増します。
103
シフトノブは、虫ピンとプラ棒で製作したものです。
004
ドア内貼りですが、キットはリアシート座面の電池ボックスに当たる部分がカットされており、座面を下げたことでこの部分が見えてしまうので、プラ板で埋めました。
001

002
次に、シャーシ裏側です。
107
見せ所は、この車の特徴である「デュアルEXシステム」と銘打った4本出しのマフラーです。
108
クイックトレーディングさんの当時の広告写真で、マフラー自体の形状はおよそ理解できるのですが・・・・
007

005

010
エキゾーストパイプなどの取回しがよく分からないので、キットのものを適当に加工しつつ、途中で途切れた状態で収めました。写真手前が、加工前のキットのエキパイ、マフラーです。
011
次回は、いよいよボディの完成です。

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

無料ブログはココログ